2010年03月17日

【こうして生まれた ヒット商品の舞台裏】「Fit’s」 ロッテ(産経新聞)

 ■やわらかガム 1年で8000万個

 やわらかい噛(か)み心地と長持ちする味、ほどよい大きさ。新しいタイプのガム、「Fit,s(フィッツ)」は昨年3月の発売後、1年で8千万個を売り上げる勢いだ。300万〜500万個売れればヒット商品といえるガム市場では、破格の人気ぶりだ。

 「ガム市場は平成16年をピークにやや落ちていた。特に、若い人がガムを噛まない傾向が出ていた」

 ロッテ商品開発部第一企画室ガム担当、宮下慎(まこと)さんは企画の端緒を語る。リサーチすると、ガムを噛まない理由は「何となく」「噛むのが面倒くさい」「口が疲れる」といった、何とも今時の若者らしい?ものだった。

 「やわらかい食べ物になじんだ若い人に再びガムを噛んでもらうため、やわらかいガムを」とスタッフが試行錯誤。やわらかすぎると包めなくなってしまうが、製品化できるギリギリのやわらかさを生み出した。

 味を長持ちさせるため、持続性の高い独自の甘味料を採用。フルーツ系の味では、酸っぱさを保たせる酸味のチップも入れた。

 パッケージも工夫した。これまでの製品では、開封後にかばんに入れて持ち歩くと、中身のガムがパッケージから飛び出すといった難点があった。そこで、包み紙をパッケージに固定し、軽く引っ張るとミシン目が外れてガムを取り出せる形を考えた。

 楽しいCMと連動したダンスコンテストをネットで実施するなど、若者を強く意識したプロモーションも奏功。あまりの人気に「ミックスベリー」味は約3カ月、販売を休止した。

 「今までにない発想がどんどん出てきた。発売直後からガム市場全体が伸び、狙いは的中した」。宮下さんは開発の醍醐(だいご)味を味わったようだ。(草下健夫)

密約承知せず=麻生、安倍元首相(時事通信)
中村耕一容疑者 「1年ほど前から覚せい剤使用」と供述(毎日新聞)
<名古屋食肉公社>債務12億円、銀行が免除へ 市が表明(毎日新聞)
食道閉鎖症A型の内視鏡手術に国内初成功 (産経新聞)
多汗症手術後に異常発汗=「説明不足」と提訴−東京地裁(時事通信)
posted by ぼーやさん at 07:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月12日

囲碁女流名人戦第2局へ(産経新聞)

 謝依旻(しぇい・いみん)女流名人(20)に向井千瑛(ちあき)四段(22)が挑戦している産経新聞社主催の囲碁タイトル戦「第22期女流名人戦三番勝負」の第2局は、謝先勝のあとを受けて10日午前10時から東京都千代田区の「日本棋院」で行われる。持ち時間各3時間の1日打ち切り制。立会人は淡路修三九段。

 謝が連勝で防衛を決め、三冠(女流名人、女流本因坊、女流棋聖)を堅持するか、向井が巻き返してタイに戻すか。謝先(黒)番の第2局は第1局同様に激しい碁が予想される。

 熱戦の模様はMSN産経ニュースでライブ中継される。

【関連記事】
張栩十段vs山下敬吾棋聖 「第48期十段戦五番勝負」3月4日開幕
開幕「第48期十段戦五番勝負」「第22期女流名人戦三番勝負」
【人】五冠達成の張栩・新十段(29)
【人】謝依旻さん 囲碁「女流名人戦」第3局制し初防衛
第21期女流名人戦 一手ごとに形成逆転
黒船か? 電子書籍の衝撃 揺れる出版界

刑務所出所 仮釈放が満期下回る…高齢化、引受先なし(毎日新聞)
町田市が損保提訴へ=「症状固定」後の治療費請求−東京地裁(時事通信)
日弁連会長選 再投票で宇都宮氏当選(毎日新聞)
予算案が衆院通過=年度内成立へ−「政治とカネ」、なお焦点(時事通信)
伊勢茶 紺がすり姿で初摘み 三重・四日市のハウス(毎日新聞)
posted by ぼーやさん at 01:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月11日

性犯罪の量刑見直しを 強盗強姦未遂被告に懲役7年(産経新聞)

 大阪市内で平成21年10月早朝、窃盗目的で民家に侵入し、家にいた当時17歳の少女に乱暴しようとしたとして、強盗強姦未遂などの罪に問われた池田宏被告(41)に対する裁判員裁判の判決公判が5日、大阪地裁であった。杉田宗久裁判長は「強盗強姦の中でも悪質」などとして求刑通り懲役7年を言い渡した。

 杉田裁判長は判決理由で「性犯罪の量刑のあり方について、裁判員裁判が始まったのを機に、一般市民の処罰感情の上に立って改めて検討し直すことが求められる。これまでの量刑傾向はやや軽きに過ぎたと指摘せざるを得ない」と言及した。

 そのうえで、「これまでの傾向に照らせば、凶器を用いず、また性犯罪の前科がないことなどをみれば、法定刑の下限を相当下回る量刑が相当だが、生涯にわたって少女の人生に影響が及ぶことを考えると相当の重罰をもって臨むほかない」と指摘した。

【関連記事】
病院で性犯罪の被害相談も 警察庁の被害者支援推進計画まとまる
性犯罪多発ぶり返上へ 全国初の対策課、福岡県警に新設
神戸で強盗強姦男を再逮捕 現場の体液が決め手 兵庫県警
裁判員徳島地裁 「性犯罪の量刑見直しを」 判決理由で裁判長
「非出会い系」被害増大 性犯罪、児童買春の被害児童の4割 警察庁

<RSウイルス感染症>終息気配なし 乳幼児持つ親注意を(毎日新聞)
坂出3人殺害、遺族が介護資格…「人の助けに」(読売新聞)
「美人すぎる市議」が20代最後の日に“重大決意”(産経新聞)
再生エネ最大1・4兆円 電力買い取り費 家計の負担増加も(産経新聞)
保育所経営の女、書類送検へ=乳児死亡で業過容疑−警視庁(時事通信)
posted by ぼーやさん at 11:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。