2010年06月03日

葬儀業者から「心付け」大阪市が10人懲戒免職(読売新聞)

 大阪市は31日、市立斎場の職員が葬儀業者から「心付け」を受け取っていたとして、斎場勤務の環境局職員10人を懲戒免職、11人を停職(3か月〜5日)の処分にした。

 心付けの総額は自己申告分だけで約950万円に上り、一つの事案で懲戒免職される人数としては市で過去最多という。

 市によると、処分を受けたのは、瓜破、小林、佃の3斎場に勤めていた職員21人。2002年1月〜10年2月の間、葬儀業者から継続的に現金や商品券を受け取っていた。1件あたり1000円〜1万円で、年間36万円分の商品券を受け取っていた職員もいた。

 市では、01年にも斎場職員が喪主らから心付けを受け取っていたことが発覚。市は02年、担当職員36人を文書訓告処分とし、斎場の全職員に「受け取らない」との誓約書を書かせていた。しかし、05年以降、複数回にわたって不正の通報があり、市が再調査していた。

<囲碁>山下勝ち、1勝1敗に 本因坊戦第2局(毎日新聞)
北九州の生活保護訴訟、控訴審も市が敗訴(読売新聞)
28歳の男女に聞く、異性に対し“イラッ”とくること(Business Media 誠)
<中教審>教員資質向上へ集中審議(毎日新聞)
<口蹄疫>熊本もブランド牛の種牛など移動 分散管理へ(毎日新聞)
posted by ぼーやさん at 18:02| Comment(16) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月29日

「人燃えている」と通報=地裁敷地内で男性重傷―神戸(時事通信)

 25日午後7時半ごろ、神戸市中央区の神戸地裁の敷地内で「男性が燃えている」と通行人から110番があった。県警生田署によると、男性は意識はあるが重傷で、神戸市内の病院に搬送された。同署が詳しい経緯を調べている。 

傷口に塩…秋葉原殺傷の遺族、弁護側に不快感(読売新聞)
参院選7月11日投開票=国会延長せず―政府・与党方針(時事通信)
口蹄疫殺処分 畜産農家の悲痛な叫び 「この1カ月生き地獄」(産経新聞)
やはり景観上NG…市議名の街頭看板自主撤去へ(読売新聞)
<都青少年健全育成条例改正案>日弁連が反対声明(毎日新聞)
posted by ぼーやさん at 19:57| Comment(10) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月27日

口蹄疫 新たに5市町9農家で疑い 宮崎(毎日新聞)

posted by ぼーやさん at 17:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。