2010年02月22日

「疑わしい取引」過去最多=337件の摘発に活用−警察庁(時事通信)

 犯罪収益やテロ資金が疑われるとして、金融機関などが2009年に国などへ届け出た取引は、前年比15.8%増の27万2325件となったことが18日、警察庁の年次報告書で分かった。このうち捜査機関などに提供したのは18万9749件で29.7%増。摘発に活用されたのは92.6%増の337件だった。いずれも過去最多で、同庁は「金融機関、捜査機関の両方に制度が浸透してきた」としている。 

喫煙規制条例、神奈川は4月に施行…大手は協力(読売新聞)
<山本病院>看護師「機転」物証に 放置腫瘍を検査に(毎日新聞)
<機密費>前政権末期の支出「それまでと異なる」 政府見解(毎日新聞)
「のど治らず麻薬」詩音被告、入手先言えない(読売新聞)
<JAL>ドラえもんジェットが完成 報道陣に公開(毎日新聞)
posted by ぼーやさん at 16:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。