2010年04月23日

「何よりも鳩山内閣打倒」舛添氏の発言要旨(読売新聞)

 舛添要一・前厚生労働相の記者団への発言は以下の通り――

 (離党・新党結成の)詰めを今している。あらゆる可能性を模索してきたが、新党を作るに当たり、党の名称が保護される期限の5月2日がタイムリミットだと思い、そこに間に合うように色々な政治家と真摯(しんし)に議論を続けてきた。あとは時間の問題だ。5人以上と話をして、ほとんどの方に賛同を得ている。

 私が党首になるから、「舛添新党」という話だ。(離党の意向は)正式に決まれば(自民党執行部に)伝える。

 政治とカネの問題でこれだけ閉塞(へいそく)感があるので、清潔な政治を目指さないといけない。日本が沈没しそうなので、外交、安全保障、経済をきちんと立て直さないといけない。何よりも、鳩山内閣を打倒することだ。国民の期待に応えられるように準備を進めている。

中国ヘリがまた近接飛行=沖縄沖、海自艦まで90メートル−防衛省(時事通信)
<山崎宇宙飛行士>地球帰還、20日に延期…気象条件悪く(毎日新聞)
<普天間移設>「徳之島」白紙撤回を要請…首相に民主県連(毎日新聞)
自社品配合の高血圧症治療薬レザルタスを新発売―第一三共(医療介護CBニュース)
<公取委>「工事の談合助長」と青森市に改善要求(毎日新聞)
posted by ぼーやさん at 15:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月22日

すごかった花見客!豊臣秀吉も愛した一目千本の吉野桜(産経新聞)

 いや、とにかく春の吉野山はすごかった。人、人、人の花ざかり。実は桜の時期に吉野に行ったのは初めてで、これまでは、花見客のピークが過ぎ山もすでに葉桜になったゴールデンウイークに何度か温泉に行ったことがあるくらいだったの。世界でも「花見」の慣習があるのは日本人くらいだそうだが(花を見て宴会するという話は確かにあまり聞かない)、不況で近場レジャーに繰り出す人が多いことを実感してしまった。

 ■列車の予約は早めが肝心

 まず、近鉄電車の特急の予約が取れない。午前中に大阪を出てお昼ごろに着く列車がすでに一杯なのである(橿原神宮前から吉野まで)。こういうときは、各停でもいいからのんびり行こう、と割り切っていくことをおすすめする。翌日午後に帰る予定で吉野発の列車の予約は10日以上前に予約したけれど、すでに「残りわずか」となっていた。

 ■シロヤマザクラ

 さて、吉野の桜の美しさは新聞、テレビでもご覧のとおり。地元のたゆまぬ努力のおかげでもあろう、一目千本といわれるとおり、上から下から、山全体をながめるときに感動する。

 吉野駅を降りたあたりではソメイヨシノも多いけれど、中千本、上千本と上にあがっていくと、とにかくきれいなのがシロヤマザクラ。小さくて清楚で、なにより赤い若葉と白い花が同時に出ているのが美しい。花だけが先に咲いて、1本の木に花が鈴なりになるソメイヨシノばかりが褒めそやされるけれど、あでやかなピンクのシダレザクラや、華やかな八重桜(白もピンクもきれい)の色っぽさは捨てがたいとおもう。

 すでに吉野の桜も終盤だが、奈良の県花となっている奈良八重桜はこれからが見ごろ。奈良公園などでも見ることができる。

 ■西行という人

 知るほどにおもしろい人物で、ある意味でつかみどころがない。漂泊の歌人の印象が強いけれど、まったくの世捨て人というわけではなく、平清盛と同い年で北面の武士としてともに知己だったことも今回知った。両極端ともいえるその後の人生を考えると、歴史の不思議さを思わずにはいられない。

 ところで、後世に伝説化した人物だけに「伝西行」といわれる書があまりに多いことでも知られるが(ほとんどが後世のもの)、いま、京都で開かれている「冷泉家 王朝の和歌守展」(京都文化博物館)に、かなり信憑(しんぴょう)性の高い「伝西行筆」の資料が展示されている。重要文化財の「曾丹集(そたんしゅう)」(平安時代後期)で、冷泉家の祖、藤原俊成・定家父子が西行と親しかったことから残されていたようだ。巻末に「のりきよがふで」と書かれたメモが張られ、のりきよとは西行の俗名、佐藤義清のこと。ただし、数人の筆跡とみられるため、どの部分が西行なのかは断定できないという。それでも、なかなかお目にかかれない「西行筆」をとっくりと眺められる機会といえそうだ。

【関連記事】
吉野桜に魅入られた西行法師
桜の石舞台古墳 馬子が夢見た桃源郷?
首相「やはり桜は日本」 さくらの女王らが表敬
気象異変?桜長持ち 6地点で最長、寒気と暖気せめぎ合い
造幣局で桜の通り抜け 春本番、127種類の「花の回廊」
外国人地方参政権問題に一石

生活保護受給者に無料入手させた向精神薬を転売 容疑の男ら立件へ(産経新聞)
切手7530円分着服、書記官を免職=横領容疑で告発も−岐阜地裁(時事通信)
本屋大賞に冲方丁さん「天地明察」(産経新聞)
消費税、14日に議論=逆進性対策などテーマに−税調専門家委(時事通信)
<火災>強風で8棟焼き延焼中 札幌(毎日新聞)
posted by ぼーやさん at 09:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月20日

男児十数人に性的虐待 養護施設の男性指導員(産経新聞)

 岡山市は16日、同市中区の児童養護施設で、指導員だった20代の男が、3〜9歳の男児十数人に対し下腹部を触るなどの性的虐待を行っていたと発表した。元指導員は3月末に懲戒解雇されている。

 市によると、元指導員は昨年春から今年3月にかけ、入所していた子供と添い寝をする際、ズボンの中に手を入れて下腹部を触るなどの性的虐待を繰り返していたという。

 保護者の訴えで入所児童1人に対する性的虐待が判明し、市が追加調査していた。市の調査に対し、元指導員は「かわいくてやった。行き過ぎたところがあったかもしれない」と話しているという。

【関連記事】
なぜわが子を傷つけるのか? 止まらぬ虐待、愛されなかった過去…
バチカン「つまらないゴシップ」と法王の“もみ消し疑惑”を否定
岡山の児童養護施設で性的虐待か 男性職員を解雇
ウィーン少年合唱団が過去の虐待疑惑で謝罪
教え子10人被害、強姦の元教諭に二審も懲役30年

関西3空港、今後10年は併存=伊丹の存廃判断先送り−地元懇談会(時事通信)
「政治家にあるまじき発言」平松大阪市長、橋下知事を批判(産経新聞)
エア・カナダ機、成田に2度緊急着陸(読売新聞)
助産所の第三者評価を開始(産経新聞)
龍谷大生が中2女子を買春、逮捕(産経新聞)
posted by ぼーやさん at 04:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。