2010年03月02日

第一次星間大戦

第一次星間大戦(だいいちじせいかんたいせん、Space War I)は、SFアニメ作品『超時空要塞マクロス』の作品舞台となった架空の戦争の名称。資料によっては、「第一次星間戦争」と表記される場合もある。作中における西暦2009年2月から西暦2010年3月にかけて、地球人類と異種族ゼントラーディ人との間で行われた宇宙戦争。なお、アニメ映画『超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか』もこの宇宙戦争を舞台とするが、異なる設定付けがなされている。詳細は劇場版を参照。注意:以降の記述で物語・作品・登場人物に関する核心部分が明かされています。概要西暦1999年のASS-1落下に伴い樹立された地球統合政府と、ゼントラーディ基幹艦隊の一つである第118基幹艦隊(ボドル基幹艦隊)の間の戦争。SDF-1マクロスの主砲による砲撃でゼントラーディ軍の艦艇が撃沈された事が直接の開戦の引き金となった。戦争の結果、第118基幹艦隊は旗艦を失い壊滅(航行可能の残存艦は全て撤退)、同艦隊のボドルザー司令長官は戦死。人類も基幹艦隊約480万隻による地球全土に亘る軌道爆撃によって、地球の生態系もろとも壊滅的なダメージを被り、地上での生存者数は僅か約100万人足らずであった。陣営地球側地球統合政府及び地球統合軍後にゼントラーディ軍第67グリマル級分岐艦隊(ブリタイ艦隊)、基幹艦隊直衛艦隊(ラプラミズ艦隊)が基幹艦隊から離反、マクロスと同盟を締結同盟に反対し、独自の判断で離脱していた第109分岐艦隊(カムジン艦隊)がボドル基幹艦隊との戦闘中に合流した。ゼントラーディ側第118基幹艦隊(ボドル基幹艦隊)開戦前状況西暦1999年7月[1]に地球に落下してきたASS-1からゼントラーディ軍や監察軍の存在を察知した人類は、統合戦争の末、地球統合政府と地球統合軍を樹立。ASS-1からもたらされたオーバーテクノロジーを解析、会得しながら、その技術をもってASS-1を宇宙軍所属SDF-1マクロスとして改修。同時に既存兵器の発展と新兵器の開発を推進させ、バトロイド・バルキリーやデストロイドシリーズの開発、宇宙軍の創設等を行い、宇宙規模の戦闘勢力に対抗する準備を行っていた。一方、ゼントラーディ軍と監察軍は50万周期前から戦争状態を継続していたが、太陽系近辺における戦闘の際、一隻の砲撃戦艦 (ASS-1) が監察軍から放棄され

<京大病院>90代患者から高濃度インスリン検出(毎日新聞)
ハイチPKOが出発へ=陸自部隊、8日に現地入り(時事通信)
<福岡県汚職>副知事室で100万円授受(毎日新聞)
自由化の進展を評価へ=広島で事務レベル会合開幕−APEC(時事通信)
パソコン、デジカメ購入か=大学院教授の不正経理−山口大(時事通信)
posted by ぼーやさん at 11:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。