2010年02月19日

大統領と会談求めてない=小沢氏(時事通信)

 民主党の小沢一郎幹事長は14日、キャンベル米国務次官補から訪米を要請されたことについて、「日米同盟50周年記念だから、行く場合は日米同盟の一層の発展、友好親善で行くと言っている。オバマ大統領と会談したいと言ったわけではないが、(党の)みんなが行った場合は米側もそれなりの歓迎、対応をしてもらいたい」と述べた。
 訪米するか否かに関しては「わたしが行きたいと言って頼んだわけではない。党に正式な話があってどうするか決めたい」と述べた。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件〜「小沢氏、幹事長を辞任すべき」72.5%〜
【特集】オバマ語録
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
〔特集〕Changeの行方 オバマ政権
ポスト鳩山を狙う"ラグビーボール"原口総務相

<石巻2人刺殺>「姉が邪魔だ」18歳少年が周囲に(毎日新聞)
陸自連隊長を注意処分=「首相批判の誤解招いた」−防衛省(時事通信)
「布川事件」弁護団、水戸地検に謝罪申し入れ(読売新聞)
石川議員「起訴の事実重い」=首相(時事通信)
<バンクーバー五輪>「ゴー、カナダ!」 地元興奮最高潮(毎日新聞)
posted by ぼーやさん at 15:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女流棋士ら講師に「ふれあい将棋教室」 世田谷区(産経新聞)

 女流棋士の北尾まどかさんらによる「親子ふれあい将棋教室」が13日、世田谷区池尻の池尻児童館で開かれた。

 この教室は、文化庁主催の生活文化普及支援事業の一環として行われたもので、親子25人が参加した。

 講師を務めたのは、奥深いゲーム性とかわいいデザインで人気の「どうぶつしょうぎ」の考案者としても知られる北尾さんと飯野健二7段。

 この日は、全くの初心者でも気軽に将棋を楽しめるように、まずゲーム形式の「まわり将棋」で駒に触れるところから開始。この後、子供たちは駒の名前や動き方などを教わり、王と飛車・角を使った鬼ごっこで、駒の移動から王手・詰みまでの過程を遊びながら体験した。中には、いつも祖父と将棋を指しているという小学生もおり、飯野7段と真剣な表情で対局していた。

<漁船銃撃>船長2人10日逮捕 位置情報の通信切断の疑い(毎日新聞)
部品点検失念で10便欠航=期限1年超過も−全日空便(時事通信)
<普天間移設>グアム・テニアン案…社民・国民新が提示へ(毎日新聞)
千葉県北東部に暴風警報、高波にも警戒(読売新聞)
<出産一時金>新制度で入金遅れ 産科診療所の2割「不安」(毎日新聞)
posted by ぼーやさん at 01:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。