2010年01月30日

追いつめられた?小沢氏 定例会見での「高圧姿勢」転換(J-CASTニュース)

 「記者会見は好きではない」。そう公言して、記者会見で高圧的な姿勢を見せてきた民主党の小沢一郎幹事長の態度が一変した。これまでは不機嫌そうな表情を露骨に示し、記者をなじるような言い草が目立った。しかし検察の事情聴取を受けてから初めてとなった定例会見では、時折笑顔も見せながら、穏やかな語り口で質問に答えていた。

■これまでの定例会見とは明らかに雰囲気が違う

 小沢幹事長は東京地検特捜部の事情聴取を受けた2010年1月23日の夜に、東京都内のホテルで緊急会見を開いたが、幹事長としての定例会見は2週間ぶりだ。民主党本部の会見場には約100人の報道関係者が詰めかけ、約20分間の質疑応答を行った。

 当然のように質問は、資金管理団体「陸山会」の土地取引をめぐる問題に集中。「売買代金の支払い後に定期預金を担保に借り入れをしたとき、その使い道を秘書に聞かなかったのか」という質問に対しては、

  「具体的な方法については一切聞いていない。私自身としては、買うという方向性を決めて資金を提供したというところまでが自分の行動の範疇だった。具体的に事務をどう取り扱うか、相手方とどう交渉するかについては、(秘書を)信頼してまかせていた」

と土地取引の前後の不自然な資金の出し入れについては関与を否定した。そのほかにも陸山会関連の質問が出たが、事情聴取後の会見とほぼ同じ回答で、取り立てて目新しい材料はなかった。

 むしろ際立っていたのは、これまでの小沢幹事長の定例会見とは明らかに雰囲気が違っていたことだ。

■「『幹事長辞任しろ』という世論の動向気にしているのでは」

 前回の1月12日の定例会見も土地取引問題が焦点となったが、小沢幹事長は「関連したものはいっぺんに答える」と言って、まとめて8人から質問を受けたうえで、具体性に欠ける回答をした。なかには記者の質問内容にまったく答えていないものもあったので、強引に再質問する記者も出た。だが、小沢幹事長は、

  「ちゃんと指されてから言わなくちゃダメでしょう。ルールは守ってください」

と記者を非難して、回答を避けた。

 小沢幹事長が記者に強い態度で臨むのは、毎回といってもよかった。中国副主席と天皇陛下の「特例会見」が問題になった09年12月14日の会見では、記者に向かって、

  「君は日本国憲法を読んでいるかね? 天皇の行為はなんて書いてある?」

と逆質問。うまく答えられない記者をなじるかのような態度をとった。そのほかの会見でも、小沢幹事長は報道陣と友好的とはいいがたい雰囲気だったが、それが一種の「小沢らしさ」とも受け止められていた。

 ところが、事情聴取後の1月25日の定例会見ではうってかわって、物腰の柔らかい回答ぶり。前回のような「一括回答方式」を取らず、一つ一つの質問にていねいに答えていった。小沢氏の変化について、フリージャーナリストの田中龍作さんは

  「小沢氏の顔は色つやがなく、声にも張りがなかった。4時間に及んだ事情聴取の疲れもあるだろうが、だいぶ追い詰められているのかもしれない」

と推測する。同じく会見に出席した政治ジャーナリストの安積明子さんは

  「小沢さんは守りに入っているなと感じた。これまでは挑発的なことを言っていたが、今日は受け身で攻撃的な姿勢がなかった。おそらく『幹事長を辞任しろ』という世論の動向を気にしているのではないか」

と分析している。


■関連記事
熾烈なバトルを展開中 「ダンマリ」小沢VSマスコミ  : 2010/01/14
「宮内庁長官は憲法を理解していない」 小沢氏、「特例会見」問題で反論 : 2009/12/14
「マスコミは検察の犬」 自民・河野議員が「検察報道」批判 : 2010/01/22
小沢幹事長「2度目」の聴取 元特捜部長「ある可能性大」 : 2010/01/25
生活費目当て? 部下が勝手に残業しています : 2010/01/25

11月第3次産業活動指数、0.2%低下(時事通信)
皮膚から神経細胞作製=iPS経ず、遺伝子導入で直接変換−マウスで成功・米大学(時事通信)
小沢氏会見詳報(3完)「不正はないという主張は断然貫く」(産経新聞)
近江屋氏、自民党離党へ (産経新聞)
「内閣は地元の民意に応えよ」=福島社民党首(時事通信)
posted by ぼーやさん at 12:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月27日

三笠宮彬子さま、英国で博士号取得(読売新聞)

 宮内庁は22日、英国のオックスフォード大に留学中の三笠宮寛仁さまの長女、彬子さま(28)が哲学博士の学位を取得されることが決まったと発表した。

 今月31日に帰国される。皇族方の博士号取得は、秋篠宮さまに次いで2人目。

 彬子さまは2004年3月に学習院大文学部史学科を卒業し、同年10月からオックスフォード大に留学。修士、博士課程で主に大英博物館が収集した日本美術コレクションを研究し、今月19日に最終審査の口頭試問を受け博士号取得が決まった。

 彬子さまは、同大での研究が一区切りついた昨年10月から京都市の立命館大衣笠総合研究機構で研究員としても勤務し、英国とを行き来されていた。

石川知裕容疑者「恥ずかしいことしていない」(産経新聞)
政治献金→融資→個人資金…小沢氏の説明転々(読売新聞)
【人・街・声】終末期を考える市民の会結成20周年(産経新聞)
<全建国保>多数が無資格加入、都など徳島県支部を検査(毎日新聞)
<自民党大会>ノムさん敗因分析「負けに不思議の負けなし」(毎日新聞)
posted by ぼーやさん at 21:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月26日

首相「起訴ないこと望む」 石川容疑者で異例言及(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相は21日夜、民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体による土地取引事件で東京地検特捜部に逮捕された民主党衆院議員の石川知裕容疑者について、「起訴されないことを望みたい」と述べた。検察当局を含む行政の長でもある首相が個別の刑事事件に関して、一定の結論への期待感を表明するのは異例だ。首相官邸で記者団の質問に答えた。

 首相は「逮捕の事由を見ても、よく見えないところがある」とも述べ、現時点では石川容疑者の議員辞職を求めない考えを示した。ただ、この発言は特捜部の逮捕容疑に首相が疑義をはさんだと受け止められかねず、同日の衆院予算委での「検察に圧力をかけるつもりはない」という答弁との整合性も問われそうだ。

 小沢氏の参考人聴取については、「そこですべてが明らかになることを願っている」と述べた。

衆院予算委 天皇陛下の公的行為に平野氏「統一見解示す」(毎日新聞)
アライド代表社員に懲役4年求刑 FX無登録営業で出資金詐取(産経新聞)
<寒波>北半球の異常低温 「北極振動」が原因 気象庁分析(毎日新聞)
<陸山会土地購入>胆沢ダム受注「小沢氏側が謝礼要求」(毎日新聞)
DPC分析システム「ヒラソル」、サービス停止で混乱(医療介護CBニュース)
posted by ぼーやさん at 21:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。